ゆるふわ白猫星人 第三話

作品

~ゆるふわ白猫星人とぱわ原とお昼~

今回の登場人物

今回登場するキャラクターの簡単な紹介。

ゆるふわ白猫星人

世界征服を目論む白猫の異星人。“ちきゅー”外生命体。見た目も頭もゆるふわ。現在、社畜生活に苦しんでいる。

ぱわ原

“ちきゅー”生命体のタヌキ。『ぱわ原』は名前。ゆるふわ白猫星人の仕事場の上司。勤務中は、おやつを食べたり、自分のおやつの買い出しに行ったり、自分の爪を切ったり、自分の耳掃除をしたりと忙しいようだ。気に入らない部下をいじめることが大好き。

前回のあらすじ

世界征服のため“ちきゅー”にやってきた、ゆるふわ白猫星人。『まねー』を稼ぐことが世界征服の第一歩とわかり働く。仕事場の上司である“ぱわ原”にこき使われ、安月給に嘆く。

第三話 小説

今日は午後1時から仕事場で会議があります。新米社員であるゆるふわ白猫星人は会議資料の作成を任されました。とはいえ新米社員ですので、資料のコピーとコピーした資料を一部一部ホッチキスで留めるという単純な作業をすることになりした。

会議資料は1部当たりのページ数と作成部数が多く、お昼休み時間の一部も使うことでようやく作り終えることができました。これを“ぱわ原上司”に提出したらお昼ごはんニャ!ゆるふわ白猫星人は“ぱわ原上司”のもとへ急ぎました。

ぱわ原上司は既に休憩しており、おやつのドーナッツを食べていました。書類を持って行くと、机の上に置いてあった書類3枚を差し出してきました。

ぱわ原上司「実は会議資料の53ページと64ページと86ページに訂正が入ってな。その資料は作り直しねwww。午後1時の会議に使う資料だからな、間に合うようになw。お前も遅刻せずに会議に出席しろよ。あと、15分前行動は基本だからwww。じゃ、俺は午後のおやつ(ぱわ原用)買いに外出するから。しっかりやっとけよ」

そう言い残し、ぱわ原は出かけていきました。

時計を見ると、現在12時25分。会議まで35分しかありません。15分前行動をするのであれば、残り20分です。果たして、ゆるふわ白猫星人は20分以内に会議資料を作成し、お昼ご飯にもありつけるのでしょうか。

第三話 漫画

宣伝

ゆるふわ白猫星人(+ぱわ原)のLINEスタンプ販売中です。興味のある方はよろしくお願いいたします。

   ↓LINE STOREに掲載されている販売中のスタンプ↓

月城 RayのLINE スタンプ・絵文字一覧 | LINE STORE
LINEの公式オンラインストアで『月城 Ray』のスタンプ・絵文字をチェックしよう!

ゆるふわ白猫星人シリーズのリンク

   ↓ゆるふわ白猫星人の第四話はこちら↓

   ↓ゆるふわ白猫星人の第二話はこちら↓

   ↓ゆるふわ白猫星人の第一話はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました