入れ歯の不便な点

生活

入れ歯の友人が感じている、入れ歯の不便な点を5つ教えてもらいました。

入れ歯の不便な点

入れ歯には主に、以下のような不便な点があります。

  • 硬い物が食べたくなくなる
  • 食べ物によっては入れ歯を変形させてしまうことがある
  • よく噛まないと胃が痛くなる
  • 歯茎との間に食べ物が詰まる
  • 日常生活で面倒事が増える

硬い物が食べたくなくなる

硬い肉、硬いせんべい、ピーナッツなどの硬い食べ物は、入れ歯だと噛みにくいそうです。結果、それらの食べ物はあまり食べたくなくなるそうです。

食べ物によっては入れ歯を変形させてしまうことがある

入れ歯をしたまま、餅などのくっつきやすいものを食べると、入れ歯を変形させてしまうかもしれません。

友人が餅を食べた際、入れ歯が餅にくっついて取れ、取れた入れ歯をそのまま噛んでしまいました。入れ歯が変形してしまったので歯医者へ行ったそうですが、行ったその日には直すことができず、2回も歯医者へ通うことになったそうです。また、お金も5千円程かかったそうです。

入れ歯を直すのは痛くなかったけれど、出費が痛かったそうで、餅を食べる時は必ず入れ歯を外すように気を付けているそうです。

よく噛まないと胃が痛くなる

友人は早食いの癖があり、入れ歯を付けることで、さらにいい加減に噛んで飲み込むようになったらしいです。そのため、胃が痛くなったそうです。

よく噛んで、ゆっくり食べるようにしたら胃の痛みは治ったそうですが、毎日胃を労わりながら生活しているそうです。

歯茎との間に食べ物が詰まる

入れ歯と歯茎との間に隙間があると、食べ物が詰まりやすくなります。

友人の場合は、上に付ける入れ歯よりも下に付ける入れ歯の方が、食べ物が詰まりやすいそうです。うどんが挟まったりすることもあるようです。

歯茎との間に食べ物が詰まることで、さらに以下の問題がでてきます。

  • 食後すぐにお口のケアをしないと気持ちが悪い
  • 排水口が詰まりやすくなる

食後すぐにお口のケアをしないと気持ちが悪い

入れ歯をすると、歯茎との間にたくさん食べカスが入る可能性があるます。そのため、毎食後、口をゆすいだりしなければ気持ちが悪いそうです。

外食の時も大変です。友人は、映画を見る時はいつもポップコーンを食べていました。しかし入れ歯をしてからは、映画の途中で口をゆすぎに行く気がしないので、映画でポップコーンを食べる楽しみはなくなってしまったそうです。

排水口が詰まりやすくなる

食後に入れ歯を外して水でゆすぐと、食べカスがいっぱい出てきます。そのため、排水口が食べカスで詰まりやすくなります。

日常生活で面倒事が増える

入れ歯になると以下のように、手入れなどの面倒事が増えます。

  • 夜など、入れ歯を使わない時は入れ歯を水に浸す必要がある
  • 旅行でのお泊まりの時は、入れ歯を浸す容器を持って行くことになる
  • 定期的に入れ歯洗浄剤で清潔にする必要があり、手間とお金がかかる
  • お出かけ時の持って行くものリストに、「入れ歯」という余計な一つが加わる

他にも、お泊まりの時などで入れ歯を洗っている様子を人に見られると、年寄りと思われそうで嫌だそうです。

まとめ

入れ歯になると、食べるものは制限され、食事中も食後も気を付けなければいけなくなります。また、日常生活にも面倒事が増えるので、入れ歯になると大変不便な生活を強いられる可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました