友人のエッセイ『ネコ嫌いなおばあさんと2匹のネコ(その1)』

雑記

『ネコ嫌いなおばあさんと2匹のネコ(その1)』というタイトルで友人がエッセイを書きました。よろしければご覧ください。

※友人に利用の許諾を得ています。

エッセイ『ネコ嫌いなおばあさんと2匹のネコ(その1)』

畑の近くに、ネコ嫌いなおばあさんが住んでいました。おばあさんの畑によく遊びに来る、2匹の仲良しの野良ネコ(以下、ネコA、ネコB)もいました。

ある日のネコの会話

ネコA「ニャーニャー、暇だニャ。何かいいことはないかニャ?」

ネコB「いい天気ニャ。いつもの畑のばあさんと遊ぶニャ!」

ネコA「じゃあ、遊んでやるか!」

畑にて

ネコA「やあ、ばあさん、ごきげんいかが?」

ネコAがおばあさんに近づくと、おばあさんは、畑にあるネコのフンを指さして言いました。

ばあさん「このウンチ、お前の仕業じゃろう(怒)!こいつめ!」

ばあさんは、石を持って投げる真似をしました。(実際に石は持っていない)

ネコA「ニャ!これはご機嫌ななめ!逃げるニャ~」

ネコAは道の側溝の下に逃げて隠れました。それを見ていたネコBも一緒に側溝の下に逃げてきました。

ネコA「こわかったニャー」

ネコB「もう、あいつと遊ぶのやめる?」

ネコA「あのばあさん、ひょっとしてオレたちのこと嫌いかも・・・」

2匹のネコが会話をしていると、そこへおばあさんが来て、側溝の下をのぞいて言いました。

ばあさん「何をニャーニャー言うとんねん!畑にウンチするやつは、嫌いに決まっとるじゃろ~!!」

おばあさんは、また石を投げる真似をしました。

ネコA、B「ニャ~!!まるで鬼みたいニャー!!逃げるニャ~!!」

2匹のネコは逃げていきました。

その後、逃げ帰った2匹のネコの会話

ネコA「今日はこわかったけど、楽しかったニャ」

ネコB「また、あいつと遊ぼうニャ」

ネコA「ところで畑のフンは、あれ、おまえのか?」

ネコB「実は・・・がまんできなかったニャ・・・」

ネコA「そうか・・・(実はオレのかもしれないけど黙っておこう)。畑のばあさんが怒るから、もうやめようニャ」

ネコB「わかったニャ。本当は優しいばあさんだから、仲良くしたいニャ」


そのころ、おばあさんはフン害迷惑ネコ対策として、畑の土にワリバシを刺していました。

ばあさん「これでフンができないだろう!ふん!」

数日後、畑にて

あれから数日後、2匹のネコは、またまたおばあさんの畑に遊びに来ていました。

ネコA「ばあさん、いないニャ。」

ネコB「あ、また便意が・・・。」

ネコBが用を足そうとすると、ワリバシがおしりに刺さりそうになりました。

ネコB「ニャ!おしりが痛いニャー!これじゃワリバシが刺さっちゃうニャー!あのクソばあさんめ~!!」

ネコA「ひどいばあさんだよ~。あ!あそこに看板が!!」

ネコB「オレたちのことだ!全然似てないニャー。ひどいニャー。」

ある日、おばあさんの家の前にて

ネコA「オレは大蛇にやられた・・・。ばあさん、助けてくれー!」

大蛇との戦いで傷を負ったネコAは、おばあさんの家の前でバッタリ倒れました。

ばあさん「キャ!!畑のネコが死んでいる!!こんな所で・・・困った・・・。死体の始末は苦手じゃ。そうだ!隣の空き地の前へ移動させよう。」

おばあさんは足で、ネコAをそ~っと移動させました。

ネコAは、ぼんやりとした意識の中、思いました。

ネコA『ばあさん・・・、何してる・・・?うしろ足で、オレをなでているのか・・・。ありがとう・・・。畑にフンをして・・悪かったニャ・・・ば・・・さん。オレはもう・・・おしまいニャ・・・。』

ネコAを移動させて、おばあさんは家の中に入っていきました。そこにネコBが来て、ネコAの様子に気がつきました。

ネコB「オイ!!どうした!!血がでているニャー!!でも傷は浅いぞ!!がんばれ!」

ネコBの介抱により、ネコAは回復しました。

数日後

数日後、おばあさんは、歩いているネコAの姿を見かけました。

ばあさん「あれ?死んだネコが生きておる!!野生のネコは強いもんじゃな~。とりあえず、死ななくて良かった良かった!!」

それからさらに数日後、畑にネコのフンがあるのをおばあさんは発見しました。

ばあさん「アイツ、やっぱり死んだ方が良かったかな?またワリバシ刺さなくっちゃ!」

おばあさんとネコとの戦いは続く。

『ネコ嫌いなおばあさんと2匹のネコ』の『(その2)』と『(その3)』のリンク (内部リンク)

『ネコ嫌いなおばあさんと2匹のネコ(その2)』のリンクはこちら↓です。

『ネコ嫌いなおばあさんと2匹のネコ(その3)』のリンクはこちら↓です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました