ゆるふわ白猫星人 第十二話

作品

~ストーカー?それとも自意識過剰?? 狙われた(?)、ゆるふわ白猫星人!!~

今回の登場人物

今回登場するキャラクターの簡単な紹介。

ゆるふわ白猫星人

“ちきゅー”の会社で働く異星人。世界征服のために“ちきゅー”に来たことを最近まで忘れていた。

謎の黒猫

ゆるふわ白猫星人を影から観察する謎の黒猫。

前回のあらすじ

ゆるふわ白猫星人、ゲームセンターで散財する。

第十二話 小説

ニャんだか最近、お菓子の食べ過ぎでお腹がでてきた気がするニャ。ぽっちゃり系なニャーもキュートだけど、病気になるのはシャレにならんニャ!たまには野菜でも食べるかニャ・・・。

ゆるふわ白猫星人は、スーパーへ野菜を買いに行きました。

買い物をしている途中、ゆるふわ白猫星人は背後から視線を感じました。

ニャ・・・!?誰かがニャーを見ているニャ・・・?とても鋭い視線を向けられている気がするニャ!ニャーは何も悪いことしてニャいのに・・・。

・・・まさか、世界征服に気づいたスパイかニャ!?世界征服のことなんて今の今まで忘れていたのに、恐ろしいヤツにゃ・・。世界征服を脳内で企んでいたことが何の罪になるかは知らんが、こうなったら、すっとぼける作戦ニャ!!


ゆるふわ白猫星人は、作戦も決まったので、意を決して背後を振り返りました。しかし、そこには商品の棚があるだけで、誰もいませんでした。

誰もいニャい・・・。気のせいだったのかニャ?
ゆるふわ白猫星人は、勘違いということにして、買い物を再開しました。

買い物をしている途中、また、ゆるふわ白猫星人は背後から視線を感じました。

また、誰か見ているニャ・・・。いったい誰ニャ・・・。ニャーがいくらキュートだからって、ストーカー行為は犯罪ニャよ・・・。

心を落ち着かせるために一呼吸おいて、ゆるふわ白猫星人は背後を振り返りました。

すると、そこには大きなパンの看板がありました。看板には食パンのパン屋さんの絵が描かれていましたが、絵のパン屋さんの視線はゆるふわ白猫星人に向いていなく、あさっての方向を向いていました。

・・・看板に見られ・・・てもいニャい・・・。自意識過剰?な自分に驚いたニャ・・・。

こうして、ゆるふわ白猫星人ストーカー自意識過剰事件は、幕を閉じたのであった。

めでたしめでたし(?)。

第十二話 漫画

宣伝

ゆるふわ白猫星人(+α)のLINEスタンプ販売中です。興味のある方はよろしくお願いいたします。

   ↓LINE STOREに掲載されている販売中のスタンプ↓

月城 RayのLINE スタンプ・絵文字一覧 | LINE STORE
LINEの公式オンラインストアで『月城 Ray』のスタンプ・絵文字をチェックしよう!

ゆるふわ白猫星人シリーズのリンク

   ↓ゆるふわ白猫星人の第十三話はこちら↓

   ↓ゆるふわ白猫星人の第十一話はこちら↓

  

   ↓ゆるふわ白猫星人の第一話はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました