【Androidスマホ】SIMカードの挿入・入れ替え方法

生活

スマホ(Android端末)を購入した時や、スマホも電話番号もそのままで他の携帯電話会社に乗り換え(MNP)した時に、SIMカードの挿入や入れ替えを行いました。

この記事では、携帯電話会社からマルチSIMカードが届いた場合の、AndroidスマホへのSIMカードの挿入・入れ替え方法について解説します。

なお、SIMカードの挿入・入れ替え方法はスマホの機種などによって異なります。今回解説するのは、SIMトレイの位置がスマホの側面にあり、SIMピンを使用してSIMトレイを取り出す場合の方法です。

※SIMカードの挿入・入れ替え方法を間違えると故障の原因になります。SIMカードの挿入・入れ替えをする際は、スマホの説明書や携帯電話会社のホームページ・送付されたマニュアルなどを必ず事前に確認してください。

この記事では解説していませんが、SIMカードの挿入・入れ替え前に「スマホのSIMロック解除」や「回線切替」などが必要な場合は、忘れずに行ってください。

用意する物

SIMカードの挿入・入れ替えをする際に、用意する物は以下のとおりです。

  • スマホ:SIMカードの挿入・入れ替えをするAndroid端末本体
  • SIMピン: スマホの中に入っている「SIMトレイ」を取り出すために使用するピン
  • SIMカード:携帯電話会社から届いたマルチSIMカード(台紙についた状態のSIMカード)

SIMピンは、スマホ購入時に付属品として同梱されていることがあります。SIMピンが無い場合は、ペーパークリップや安全ピンなどの細い金属で代用できるそうです。(SIMカードの挿入・入れ替えの際にSIMピンを使わないスマホもあります。)

SIMカード(マルチSIMカード)については、以下の記事で詳しく解説しています。

注意点

SIMカードの挿入・入れ替えの際には、スマホ・SIMカード・SIMトレイなどの取り扱いに注意して、破損やケガなどしないようにしましょう。

また、作業はきれいな場所で、落ち着いて行いましょう。

スマホ

スマホは、SIMカードの挿入・入れ替え中に、うっかり落としたりディスプレイなどに傷をつけたりしないように注意しましょう。

SIMカード

スマホに対応しているSIMカードをマルチSIMから取り外す時は、ケガをしないように注意しましょう。

また、マルチSIMから取り外したSIMカードは小さいので、落として紛失したり汚したりしないように注意しましょう。

さらに、SIMカードは水で濡らしたり金色の金属端子部分(ICチップ)に素手で触れる・傷をつけたりすると破損の原因になりますので、丁寧に扱いましょう。

SIMトレイ

SIMトレイは、マルチSIMカードから取り外した小さなSIMカードをセットするためのトレイで、「SIMスロット」などとも呼ばれています。

SIMトレイは、力を入れる向きが正しくなかったり力を入れすぎたりすると、曲がったり折れたりして破損する可能性があります。プラスチック製の場合は特に柔らかく、壊れやすいので注意が必要です。

SIMカードの挿入・入れ替え方法

SIMカードの挿入・入れ替え方法は、以下のとおりです。

  1. 携帯電話会社から届いたマルチSIMカードから、自分のスマホに対応しているサイズ(種類)のSIMカードを取り外す(自分のスマホに対応しているSIMカードのサイズは、スマホの説明書などで確認できます。サイズが異なるSIMカードをSIMトレイに挿入すると、破損の原因となりますのでご注意ください。)
  2. スマホの電源ボタンを長押しするなどして、スマホの電源をオフにする(電源オフの方法はスマホによって異なります)
  3. スマホ本体の側面にある、SIMピンを挿すための直径1mm程度の小さな穴と、その付近にあるSIMトレイの取り出し口(差し込み口)を探す
  4. スマホにSIMピンが挿せなかったりSIMトレイを引き出せなかったりする場合は、スマホケースなどを外す
  5. 3の小さな穴にSIMピンを差し込んで、SIMトレイの一部が出てくるまでグッと奥まで押し込む
  6. 出てきた5のSIMトレイを、指でゆっくりと水平に引き出して、スマホから完全に取り出す(最後にSIMトレイを元の位置に戻す必要があるので、どのような状態でSIMトレイがスマホに収まっていたかを覚えておくとよいでしょう。)
  7. SIMカードの入れ替えの場合は、既にSIMカードがSIMトレイにセットされているで、SIMカードの金色の金属端子部分に触れないように側面などを持ってSIMカードをSIMトレイから取り出す。なお、SIMカードの金属端子部分は、裏側になっていて隠れて見えない場合がある。(SIMカードの金属端子部分を下側にしてSIMトレイにセットする私のスマホはこのパターンです。)
  8. マルチSIMから取り外した自分のスマホに対応しているサイズ(種類)のSIMカード(1)を、表裏や切り欠きの位置を確認してから、SIMトレイの上にのせてセットする※SIMカードの表裏・切り欠きの位置・サイズが正しくないと、SIMトレイにうまくはまらなかったりスマホに認識されなかったりします。(私のスマホは2枚のnanoSIMカードと1枚のmicro SDカードを同時に利用することができる「トリプルスロット」ですが、1枚のnanoSIMカードしか利用していません。1枚のnanoSIMは、一番右端の「SIM1」のトレイにセットしています。)
  9. SIMトレイにSIMカードがピッタリと収まっていることを確認してから、SIMトレイにのせたSIMカードがズレて詰まらないように、ゆっくりと水平にSIMトレイをスマホ本体に差し込んで戻す
  10. スマホ本体にSIMトレイが奥までしっかりと差し込まれているかを確認する
  11. スマホの電源をオンにする(スマホの電源ボタンを長押し)

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました