【白髪の原因と対策】メラニン色素を作る細胞「メラノサイト」

勉強

髪の色は、髪の中に入っている「メラニン色素」の量によって決まります。メラニン色素の量が多いほど黒い髪になります。一方、何らかの原因でメラニン色素の量が少なくなると、白髪になってしまいます。

メラニン色素は「メラノサイト」という細胞で作られています。メラノサイトが正常に働かなくなると、メラニン色素の量が少なくなり、白髪になってしまいます。

この記事では、白髪の原因と対策について、メラニン色素を作る細胞である「メラノサイト」に焦点を当てて解説します。

メラノサイトの機能

メラノサイトには、髪の毛を着色するための「メラニン色素」を作るという機能があります。

つまり、メラノサイトの機能が低下すると、メラニン色素が作られなくなり、髪が黒く着色されずに白髪になってしまいます。

従って、白髪の対策としては、メラノサイトの機能が低下しないようにすることが重要です。

メラノサイトの機能低下の原因(白髪の原因)

メラノサイトの機能が低下すると、メラニン色素が作られなくなり、白髪になってしまいます。メラノサイトの機能が低下する主な原因としては、栄養不足や頭皮の血行不良が挙げられます。

栄養不足

メラニン色素を作るための必要な材料(栄養)が揃っていないと、メラニン色素が作られず白髪になってしまいます。

頭皮の血行不良

栄養は、血液を通してメラノサイトに届けられます。よって、頭皮の血流が悪いと、メラノサイトに栄養が届けられなくなり、メラニン色素が作られず白髪になってしまいます。

メラノサイトの機能を保つために必要なこと(白髪の対策)

メラノサイトの機能を保つことは、白髪対策に繋がります。メラノサイトの機能を保つためには、栄養バランスの良い食事をとり、頭皮の血行を改善することが必要です。

栄養バランスの良い食事をとる

メラノサイトの機能を保つためには、

  • メラニン色素の材料であるアミノ酸のチロシン、
  • メラノサイトの働きを活発にしてくれるカルシウムや銅、ビタミンB12、
  • メラノサイトに栄養を運ぶための血液を作る葉酸(ビタミンB9)

等、様々な栄養が必要です。そのため、栄養バランスの良い食事をとることが白髪対策となります。

頭皮の血行を改善する

不規則な生活や偏った食事、頭皮や首・肩のこり、運動不足、ストレス等は、頭皮の血行不良の原因になります。

従って、頭皮の血行を改善し、メラノサイトに栄養を届けるためには、

  • 規則正しい生活を送ること
  • 偏った食事をしないこと(特に、血液がドロドロになったり、体が冷える食べ物の摂り過ぎに注意)
  • 頭皮や首・肩のこりをほぐすこと
  • 適度に運動をすること
  • ストレスを溜めないこと

等が必要になります。

まとめ

白髪の主な原因は、メラノサイトに必要な栄養が届かないことです。

バランスの良い食事をとり、頭皮の血流を良くすることで、メラノサイトに必要な栄養を届けることが大切です。

つまり、白髪対策としては、

  • 偏った食事をせず、栄養バランスの良い食事をとること
  • 規則正しい生活を送ること
  • 頭皮や首・肩のこりをほぐすこと
  • 適度に運動をすること
  • ストレスを溜めないこと

等が挙げられます。

なお、白髪の原因としては他に、遺伝、加齢、病気、紫外線等も考えられ、上記の対策をしても効果がないことがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました